企業対応ヘルスケアマネージャーの必要性

企業でのヘルスケアマネージャーの必要性

ストレスチェック制度施行から早1年が経過しました。 ストレス度に問題の見られる場合直接ご本人への通知が届きますがその後のケアにはまだ対応が追いついていないのが現状です。

企業対応ヘルスケアマネージャーの導入により 個々に面談、身体的ストレス度のチェック、日頃から出来るのケア方法などをお伝えする事によりストレス度を最低限まで抑えることが可能に! 更にセルフケアを継続する事でより健康的な身体へと導きます。

それにより社内での声掛け(社員同士でケア方法の伝達) 不調からの解放により業績アップを目指す!

導入後の改善例 

不眠症により導入剤等を服用セルフケアにてその日から改善1週間で薬が不要に。

腰痛、坐骨神経痛、により起き抜けにロキソニンを4錠服用、日中はコルセットが外せない状態、2週間のうち3回の施術と毎日5分のセルフケアにより1週間で脱、ロキソニンとコルセット2週間後には腰痛改善。

顎関節症により開口時の痛みあり(斜めに開口)40分のセルフケア指導により開口時の痛み改善、歪みのない開口が可能に。

その他頭痛、肩こり等の改善は個人差はありますが翌日から2週間でほぼ改善される方が大半です。

※日々の生活スタイルにより今の不調が現れています。日々のセルフケアで1日の疲れをリセットする事が大切です。

ヘルスケアマネージャーとは?

企業対応ヘルスケアマネージャーは従業員の皆様の掛け替えのない日々の健康をサポートいたします。

#企業対応#ヘルスケアマネージャー#健康経営

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする